死体フェチ「ネクロフィリア」って?屍姦症ともいうのか・・死体嗜好家って究極フェチやな

こんにちは、みなさんフェチ子(愛)です。

今日は少し変わったテーマについてお話ししたいと思います。

 

それは「ネクロフィリア」という現象についてです。

この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

ネクロフィリアとは、死体に対する異常な性的興奮や欲求を指す言葉です。

俗に言われるところの「屍姦症」ですね。

 

ネクロフィリアという言葉を耳にすると、多くの人が不快感を抱くことでしょう。

 

しかし、私はこのようなテーマについての妄想癖が強い男性として、この現象について深く探求してみたいと思っています。なぜなら、異常な性的嗜好を持つ人々の心理や要因について理解することは、社会全体にとっても重要なことだからです。

 

ネクロフィリアは、一般的には犯罪行為として扱われます。

法律によって明確に禁止されているため、ネクロフィリア行為は社会的にも道徳的にも許容されるものではありません。

 

しかし、私たちが理解しなければならないのは、このような異常な嗜好を持つ人々がなぜそのような欲求を抱くのか、どのような心理的な要因があるのかということです。

ネクロフィリアを持つ人々は、一般的に性的興奮を得るために死体との関係を求める傾向があります。

 

彼らにとって、死体は生者とは異なる特別な存在であり、その異常性や不自然さが彼らに興奮を与えるのです。

これは究極のフェチズムとも言えるでしょう。

 

このような嗜好の原因には、さまざまな要素が考えられます。

 

例えば、性的な欲求が社会的に抑圧されることで、異常な方向に向かってしまったというケースもあります。

 

また、幼少期にトラウマや性的虐待を経験したことが影響している場合もあります。

 

さらには・・・<続きを読む