今が旬!リクルートスーツ(リクスー)フェチが躍動する

営業で外回りをしていますが今の時期は仕事も全く苦になりません。

3月から始まる就職活動によるリクルートスーツ女子(リクスー女子)、就活女子が目の保養になるからです。
4月からはまだ着慣れないスーツを身にまとった新入社員がたくさん増えます。

無地のスーツにヒールも低いパンプスを履き、まだ社会の汚れを知らない黒髪スタイル

就活女子は駅にいればこれでもかというくらい目に入ります。

今が旬!リクルートスーツ(リクスー)フェチが躍動する

スマホで地図を見ながら説明会や企業に行くまでの道を確認したり、電車に慌てて乗ったりしている姿を見るとドキドキします。

今が旬!リクルートスーツ(リクスー)フェチが躍動する

今が旬!リクルートスーツ(リクスー)フェチが躍動する

カフェには就活女子が半分以上の割合を占めている時もあります。

スマホではなく、ガラケーの時代は地図や電車アプリなど無かったので、よく駅でリクルートスーツ女子に道を聞かれたものです。

今でもたまに道を聞かれるとこともあるので、それを待ってドキドキしている私はもう変態なのかもしれません。

今が旬!リクルートスーツ(リクスー)フェチが躍動する

風俗や彼女にリクルートスーツのコスプレをしてもらっても全く興奮しません。
やはり現役で就活をしていたり、新入社員として存在している女子にこそ最大の興奮とドキドキ感があるのです。

1年もすれば、着ていたスーツやパンプスは脱ぎ捨てられ、茶髪にストライプの派手なスーツ。
だんだん擦れて行ってしまうと思うと残念で仕方ありません。

ただし、毎年訪れるものなのでこの時期は心が躍り躍動感で満ち溢れます。

何度、人事部の人間になりたいと願ったことでしょう。
でも、好きな事を仕事にすると失敗する事例は多々聞くので、そのルールだけは破らないようにしています。

手が届きそうで届かない。
そんなギリギリな境界線がテンションを上げてくれるのでしょう。
外回りでたくさん目の保養ができているのでそれで満足。

とはいかないので。。。

就活が上手くいかなくてストレスが溜まる時もありますよね。

そんな女性を助けてあげるべく私は、
就活の相談、社会人のイロハを教えるという教育も兼ねて、リクルートスーツ女子を定期的に個人面接してるのは秘密です。