日焼け跡フェチは夏にフェティシズムを感じる

この時期になると必ず感じるフェティシズム
それは日焼け跡フェチである。
Tシャツや短パンなどの日焼けはもちろんだが、やはり王道はビキニの日焼け跡だろう。
日焼けサロンでは出せない味わいと風合いに魅力を感じる。

日焼け跡フェチは様々な種類があるので一概には言えないが、種類はかなり多くある。
女性のビキニ焼けで考えると。

・おっぱいの三角ビキニ跡
日焼け跡

・キャミソールや水着によるショルダーの紐跡
日焼け跡

・ビキニパンツの腰部分の色の境目跡
日焼け跡

・デルタゾーン跡
日焼け跡

・シールを貼る事による人工的に作った日焼けタトゥー跡(または失敗跡)
日焼け跡
日焼け跡

などなど。
※名称は勝手に名付けた。

見た目こんがり黒肌より、脱いだら日焼け跡がこんがりの方が断然セクシーだしエロさを感じる。
そしてナチュラルな感じであればなお良しだ。
日焼け跡

日焼け跡

面積、形、色、色合い、が一番美しく見える部位はお尻だと思う。
三者三様だが、お尻の日焼け跡が定番なのかもしれない。


自然焼けした日焼け跡や肌は夏を感じさせ、フェティシズムさえも感じさせてくれる。