おしっこ我慢フェチになった音響愛好者

元々音に対してとても敏感だった私は、学生時代に経験した吹奏楽のおかげでおしっこ我慢フェチになりました。
吹奏楽の部活動では必ずシンフォニー、演奏会をすることになるのは皆さんご存知だと思います。

しかしそういった全体活動の中では時間と行動が制限されるため、演奏の練習中や公演中にトイレに行きたくても我慢することが多かったのです。
そのためか気が付くと私は楽器の音が鳴る場所でおしがまプレイすることにハマってしまい、今では親切な調教師様の下で楽器のレッスンを受けながら排泄管理プレイをしたりしています。

おしがまプレイがやめられない女

私が持っているような変態性癖を理解して受け止めてくれる男性は専門サイトに多いため、こういったサイトは特殊性癖を持つ女性たちにとっては救いの場であると感じています。
ご主人様に指示されて長時間楽器の練習をさせられ続け、最終的にトイレを我慢しすぎて失禁してしまうと、自分でも信じられないくらいの性的快楽を味わえるのです。

失禁プレイ

結果としてその解放の快楽に影響されて、クリトリスだけでなくアナルやそのほか全身が感じやすくなってしまいました。

今では男性にハードSMプレイでいじめられたり犯されたりすることで簡単に性感を味わってしまうような女になり、日によっていろいろなご主人様に相手をしてもらっています。
私のようなアコースティックフィリアやおしっこ我慢プレイにハマっている変態女でも相手してくれる男性には、もっとフェチ専門サイトで私のような女を相手にしてみてほしいと思います。