イヤホンでイけるアコースティックフィリア

ピアノ演奏者の両親の下で生まれたためか、幼い頃から音にこだわる毎日を過ごしてきました。
今現在の私はアマチュアのバイオリニストとして個人的に活動していますが、公私ともに音フェチとしての暮らしを続けています。

毎日どこに行くにもイヤホンとオーディオプレーヤーが手放せず、高価な海外製のものを現地で直接購入しています。
ただ音楽が好きなのではなくて私の場合は音響性愛者であることを自覚していて、正直言うと音楽を聴いている最中に絶頂を感じることさえあります。

音で感じる性感の理解者

専門用語で言えばアコースティックフィリアに該当する私のそのような暮らしはなかなかに不便で、特に恋愛対象というか、性的な欲求を解消できる相手も見つけにくいままでした。
そんな鬱々とした日々を送っていましたが、最近になって特殊な性愛者たち専用の交流サイトがあることを知って、ここで一人の男性と出会うことができてやっと解放されました。

アコースティックフィリア

彼は音響性愛の気がある程度のサテンフェチの方でしたが、私の性癖を理解してくれてヘッドホンに目隠しSMプレイをしてくれたりして嬉しかったです。

今も真剣に体の関係を続けられていてとても幸せを感じており、生まれてこの方やっと女として満足できるようになってきたなと実感しています。
私のような特殊性癖を持つ皆さんにはぜひとも一度フェチサイトでの出会い探しを試してもらい、自分にぴったりの良いセックスパートナーと出会ってみてほしいと思います。