ミソフィリア、汚損性愛のフェチは肩身が狭い体験談

ミソフィリア、汚損性愛のぱん2さんからの投稿です。

『よく使用済み下着を購入しています。
一時期、はやったブルセラショップの当時からの常連です。
こんなフェチでも供給してくれる女性がいるのは本当にありがたいです。
まぁ、彼女たちからしたら、お金さえもらえれば、自分の下着がどうなろうがどうでもよいのでしょう。

買った下着は全て、ビニールに入れて保管しています。
当時のニオイが抜けてしまうのがもったいないからです。
何日も履いてもらったパンツはオナニーに使うにももったいなくて、ニオイだけで済ませてしまいますね。
一日だけ履いたパンツの方が使用頻度は高いです。
もちろんかぶったり、舐めたりしています。

みんながドン引きするようなことなので、こういうことがいえるフェチのサイトってありがたいですね。
自分の気持ちを吐き出したかったので。
誰かに聞いて欲しかったんです。

そういうパンツを売るような女性との出会いはあったといえばありましたが、やはり長続きはしませんでした。
だいたいお金目当ての子が多いんです。
お金持ちならともかく、普通のサラリーマンには無理でした。

今はネットで買えるので、うれしいですね。
便利な世の中になったと思います。
これからも何かあったら、メールしてもいいですか?
気持ち聞いてもらうだけで楽になります。』

もちろんどんどん投稿お願いします。
本当に秘密にしておきたいことはこちらに掲載しませんので、安心してください。

フェチのことを話せる場というのはネット上では多いと思いますが、少数派フェチだとなかなかありませんよね。
吐き出すだけでも楽になれるのならば、こちらにメールしてきてくださいね。

投稿ありがとうございます。